QIAGEN powered by

腫瘍学

臨床的意思決定サポートソフトウェアまたは専門的な解釈サービスによって、あらゆるがんの様々な変異に対応した患者個別の診断および予後に関するレポートをがん専門医に提供します。

1700 万

毎年診断される新規がん症例数(1)

85%

世界の腫瘍市場の85%が標的療法に
フォーカス(2)

100 以上

毎月 100 以上の新規治験がスタート(3)

臨床 NGS テスト結果の解釈にかかる時間を85%削減

がんに関しては、簡単なものは何もありません。がんに関わる診断は人生を変えてしまうほど大きな影響力を持つため、診断と治療方針の決定に影響を与える遺伝子検査ラボが常に最新の関連データを把握しているという確証を、腫瘍専門医は必要としています。

QIAGEN Clinical Insights(QCI)for Oncology は、専門家がキュレートしたコンテンツを分子病理学者に提供することで、遺伝子レベルでの変異の生物学的特性と患者の腫瘍プロファイルとの臨床的関連性を知的にナビゲートするソフトウェアおよびサービスです。 QCI for Oncology ではあらゆる種類のがんに生じる変異を解釈できるため、拡大し続ける検査メニューに対応しつつ、証拠に基づき個別化された治療の推奨事項を分子病理学者に提供することをサポート援します。

内部で構築、あるいは外部に依頼?

ファーストクラスの NGS バリアント解釈およびレポートパイプラインを構築する場合でも、テスト結果を解釈するための経験豊富なパートナーを探す場合でも、QCI for Oncology には、ラボの特定のニーズに適合する信頼できるソリューションが 2 つあります。

「なぜ Precision Insights を選ぶのか?とにかく時間が節約できます。研究・教育の場ではない臨床の場においては、ほとんどの人が様々な症例に対して一貫性を伴ったしっかりとした研究を行う時間がありません。Precision Insights を使用すれば、一つ一つの症例のために費やす準備時間が、85〜90%短縮されます。」

アン・ベリー 医学博士
 
個別化医療科学ディレクター/分子診断医学ディレクター

スウェーデンがん研究所/CellNetix 病理学研究所

がん治療の実用的インサイト
を提供

精密医療が現実味を帯びるにつれ、分子プロファイリングは多くのがんの種類への対処の標準となっています。 腫瘍学者は、より正確で個別化された治療法の決定を導くための、信頼できる高品質の分子情報を得るために、信用のおけるプロファイリングパートナーをこれまで以上に必要としています。

QCI for Oncology は、体細胞変異の解釈と報告に関する AMP/ASCO/CAP ガイドラインに従って報告の標準化を可能にし(4)、ACMG ガイドラインに基づいて生物学的インサイトを提供します(5)。

結果の一貫性と再現性を確保する目的で、QCI for Oncology は、変異分類をサポートする基準と証拠のレビューのために完全な透明性を提供し、募集中の治験レジストリと利用可能な FDA 承認済みの治療法をリアルタイムで可視化します。

臨床オンコロジー検査ソリューション

QCI Interpret

自施設でバリアントの解釈とレポート作成を実行する分子診断ラボでは、QCI Interpret を使用すると、シークエンスプラットフォーム上のあらゆるアッセイにかかるターンアラウンドタイムを短縮し、信頼性の高いレポートを作成できます。

詳細はこちら>

QCI Precision Insights

受託変異解析で大きな実績のある N-of-One を用いる QCI Precision Insights は、体細胞変異の解釈をアウトソーシングする分子診断ラボ向けに、迅速なターンアラウンドタイムと患者固有のレポート用にカスタマイズされたバリアントレベルの解釈を提供します。

詳細はこちら >

Clinical Testing Services

パイプライン開発から二次解析、バリアントキュレーションまで、QIAGEN Clinical Testing Services はカスタマイズされた end-to-end の臨床レポートソリューションを提供し、ラボの検査スケールの拡大と収益性の向上に貢献します。

詳細はこちら >

NGS がんパネルの解釈を行っていますか?

NGS の初心者でも経験豊富なユーザーでも、QCI for Oncology がラボの効率、信頼性、およびテストメニューの提供をどのように向上させるかご確認ください。

遺伝性疾患

最新の出版物と臨床エビデンスにより、臨床医とその患者による重要かつタイムリーな医療決定をさぽーとします。

QIAGEN Clinical Insights

専門家が精査したオンデマンドコンテンツと専門的な受託解釈サービスにより、特定の患者へ向けた NGS パネルに関するレポートを短時間で作成します。

臨床解析および解釈サービス

変異解釈の自動化とエキスパートサポートのメリットを活用して、検査のターンアラウンドタイムと臨床レポート作成機能をを改善します。

1. Worldwide cancer statistics. (2019, August 22). Retrieved December 15, 2019, from https://www.cancerresearchuk.org/health-professional/cancer-statistics/worldwide-cancer.
2. Long, G. (2017). The Biopharmaceutical Pipeline: Innovative Therapies in Clinical Development.  The Analysis Group, Inc. Retrieved December 15, 2019, from https://www.analysisgroup.com/uploadedfiles/content/insights/publishing/the_biopharmaceutical_pipeline_report_2017.pdf
3. Curioni-Fontecedro, A. (2017). A new era of oncology through artificial intelligence. ESMO Open2(2). Retrieved December 15, 2019, from https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5519782/
4. Li MM, Datto M, Duncavage EJ, Kulkarni S, Lindeman NI, Roy S, et al. (2017). Standards and guidelines for the interpretation and reporting of sequence variants in Cancer: a joint consensus recommendation of the Association for Molecular Pathology, American Society of Clinical Oncology, and College of American Pathologists. J Mol Diagn. 19:4–23. doi: 10.1016/j.jmoldx.2016.10.002.
5. Richards S, Aziz N, Bale S, Bick D, Das S, Gastier-Foster J, et al. (2015). Standards and guidelines for the interpretation of sequence variants: a joint consensus recommendation of the American College of Medical Genetics and Genomics and the Association for Molecular Pathology. Genet Med. 17:405–424. doi: 10.1038/gim.2015.30.
QIAGEN Clinical Insight(QCI)は、ゲノムシーケンスデータで観察されたバリアントの解釈を支援することを目的とした、証拠に基づいた意思決定サポートソフトウェアです。 このソフトウェアは、公開されている生物医学文献、専門ガイドライン、公開されているデータベースと注釈、医薬品ラベル、治験のコンテキストを利用してゲノムバリアントを評価します。 この評価に基づいて、ソフトウェアはバリアントの分類を提案し、観測されたバリアントの解釈をサポートします。 このソフトウェアは、医師による主要な診断ツールとして、または医療専門家のアドバイスの代わりとして使用することを目的としていません。 各検査ラボは、該当する国際的、国内的、および地域的な臨床検査室の規制とその他の特定の認定要件の遵守を保証する責任があります。